ネットに影響される人の日記

ネットに影響される人の日記

影響されたり、観たり、聴いたり、食ったり。

舞台2022

14. スターダンサーズ・バレエ団 ピーター・ライト版「ジゼル」全2幕

www.sdballet.com ~第1幕~ ライン川流域の村 舞台は中世ドイツの豊かな森に囲まれた村。青年ロイスは村娘ジゼルに想いを寄せています。しかしある日、ロイスが実は身分を隠し、婚約者もいるアルブレヒト伯爵であることが猟場番人ヒラリオンによって明らか…

13. 五反田団『愛に関するいくつかの断片』

ainikannsuru2022.studio.site 愛が失踪した。死んだと言われている。殺されたとも。一体誰が愛を殺したのか。愛は存在したのか。女たちはくだらないことを話し、男たちはくだらない。大抵のことは笑いごとになって、泡みたいに消えていく。残ったのは染み。…

12. 赤堀雅秋プロデュース「ケダモノ」

www.comrade.jpn.com 神奈川県のはずれ。駅前の繁華街以外は寂れ、奥には山ばかりが広がる田舎町。真夏。リサイクルショップを経営する手島(大森南朋)は、アヤしげな自称・映画プロデューサーのマルセル小林(田中哲司)とつるむ以外、特に楽しいこともな…

11. ゴジゲン第18回公演「かえりにち」

5-jigen.com 「帰り道じゃないの?」「うるせえな」風が吹かない冒険譚のコメディ。 ■作・演出松居大悟■出演奥村徹也、東迎昂史郎、松居大悟、目次立樹、善雄善雄、神谷大輔、結城洋平■会場ザ・スズナリ 大型台風直撃の予報を受けて準備された避難所。ところ…

10. 舞台「象」

le-himawari.co.jp 廃業することとなった「びっくりサーカス・ノア」。解団の日に集った団員は、今後の生活への不安や不満を口にしながら後片付けをしている。殺伐とした空気を払拭するように、不遇の過去を持つ見習いクラウンがパフォーマンスを披露するこ…

9. シベリア少女鉄道 vol.34「どうやらこれ、恋が始まっている」

君は今どこで誰と何をしているんだろう。どんな顔で笑っていますか。怒っていますか。泣いていますか。もし叶うなら、もう一度この目で確かめたい。 あんなことがあった後だから、そうなるのも無理はないけれど、ふいに何かで知ってしまうのはさすがにどうか…

8. もはやしずか

mohayashizuka.jp 康二と麻衣は長い期間の不妊に悩んでいる。やがて治療を経て子供を授かるが、出生前診断によって、生まれてくる子供が障がいを持っている可能性を示される。 康二は過去のとある経験から出産に反対するが、その事を知らない麻衣はその反対…

7. モミジノハナ 第三回公演『粗末な人たち 新宿編』

■脚本・演出野花紅葉(モミジノハナ)■出演石澤希代子太田ナツキ奥泉(露と枕)波多野伶奈野花紅葉(モミジノハナ)■会場雑遊 たまたま観た第二回公演「夏じゃなくてお前のせい」がとても面白くて、特別公演「危ういながらあなたと、」も観てこれも面白くて…

6. 命、ギガ長スW

作・演出:松尾スズキ 出演 ギガ組:宮藤官九郎、安藤玉恵 長ス組:三宅弘城、ともさかりえ 80代で認知症気味の母親エイコと、 ニートでアルコール依存症の50代の息子オサム。 貧困生活を送っている2人を撮影するために、 ドキュメンタリー作家志望の女子大…

5. ラビット・ホール

作:デヴィッド・リンゼイ=アベアー 上演台本:篠﨑絵里子 演出:小山ゆうな 出演:小島聖 田代万里生 占部房子 新原泰佑 木野花 ニューヨーク郊外の閑静な住宅街に暮らすベッカとハウイー夫妻。 彼らは8カ月前、4歳だった一人息子のダニーを交通事故で失…

4. ほりぶん 第9回公演『かたとき』

作・演出:鎌田順也 出演:川上友里、上田遥、川崎麻里子、木乃江祐希、川口雅子、藤本美也子、新井雛子、猫背椿、又吉直樹、きたろう 会場:紀伊國屋ホール 「ほりぶん」がなんなのか知らずにこのフライヤーだけでなんとなくチケットを買ってみました。ええ…

3. KAATカナガワ・ツアー・プロジェクト 第一弾『冒険者たち ~JOURNEY TO THE WEST〜』

上演台本・演出:長塚圭史(原作:呉承恩『西遊記』) 共同演出:大澤遊 音楽・演奏:角銅真実 出演:柄本時生 菅原永二 佐々木春香 長塚圭史 成河 会場:KAAT神奈川芸術劇場 『西遊記』に想を得た、時空を超えた冒険譚! アジアが生んだエンターテイメント…

2. 多摩美術大学 演劇舞踊デザイン学科 2021年度 卒業制作演劇公演 『一億マイルの彼方から』  

毎年恒例の多摩美術大学演劇舞踊デザイン学科の卒業制作公演を観てきました。2018年度(第二期生)公演から今回の2021年度(第五期生)までもう4回目の鑑賞となります。こうなると初回を逃したのが悔やまれる。ここまでの公演を雑にまとめると 2018年度(第…

1. 地点『ギャンブラー』

chiten.org 作:フョードル・ドストエフスキー翻訳:亀山郁夫 演出:三浦基音楽:空間現代 出演:安部聡子 石田大 小河原康二 窪田史恵 小林洋平 田中祐気 相生翠 ゲスト:楯岡求美(東京大学文学部スラヴ語スラヴ文学・准教授) 会場:KAAT神奈川芸術劇場〈…