ネットに影響される人の日記

ネットに影響される人の日記

影響されたり、観たり、聴いたり、食ったり。

2020年の舞台まとめ

2019年のまとめはこちらです。

htnmiki.hatenablog.com

 

 

今年は感想を書くのを完全にサボっていたため頑張って思い出しながら一言二言書いておこうかと。

 


1. 多摩美術大学 演劇舞踊デザイン学科 第三期 卒業制作 演劇公演「黄昏ゆーれいランド」
第二期の卒業制作公演がめちゃくちゃおもしろかったので第三期の今作も観てみたんだけど難解すぎて参った。第二期の「運命」と「英雄」はエンタメ性が高くてニワカ演劇ファンにも笑える作品だったのでその方向で期待してたので厳しいっすね。というわけでどちらの演劇舞踊デザイン学科が本当の姿なのかを確認するために第四期も観てみようと思います。


2. 爆笑問題 with タイタンシネマライブ #63 (LV)
いつものやつ。


3. 鵺的第13回公演「バロック
セットをガッツリ組み上げて照明も活用した本格的なホラー作品をスズナリの狭い舞台で観られるとは思わなかった。本作で圧倒的な存在感だった福永マリカが、昨年末に観た「今、出来る、精一杯。」の初演でクスミを演じていたことを後から知るなど。そして本作に出演している春名風花が昨年末の公演でクスミを演じていたので、本作では新旧クスミが共演していたことに。世界は狭いっすね。


4. 劇団テレワーク:第0回公演 『ZOOM婚活パーティー』(You Tube)
ZOOMを利用したギミックは早い者勝ちでしたね。なかなかおもしろかったのでこの方向の可能性に期待をしていたこの頃の私ですが、後発作品が似通ってしまうというか正直なところギミックの使い方に飽きてしまってその後はほとんど観なくなってしまいました。難しいですね。


5. 爆笑問題 with タイタンシネマライブ #64 (LV)
公演中止


6. 12人の優しい日本人を読む会 ~よう久しぶり! オンラインで繋がろうぜ~ (You Tube)
映画版は観たことあったけど舞台版のキャストが朗読劇をやるとのことで観てみました。作品の内容はなんとなく覚えてたけど細かいところを結構忘れていて改めて楽しめたしピザ食いたくなりましたね。


7. 母を逃がす
公演中止


8. 超、リモートねもしゅー版「あの子と旅行行きたくない。」(Filmuy)
Filmuyというメディアを初めて利用して観ました。安定のねもしゅー節でしたがこの頃は各種公演の中止が続いていたり個人的にテンションだだ下がりだったためあまり響かずコロナの無い世界で劇場で観れたらなあなどと思っていました。


9. リムジン
公演中止


10. 爆笑問題 with タイタンシネマライブ #65 (LV)
いつものやつ。コント赤信号が全然変わってなかった。


11. 本多劇場グループ PRESENTS 劇団フルタ丸「オーディエンス」(Streaming+)
イープラスのStreaming+というメディアで観てみました。クリエイターとしてこの状況をどうにか作品に落とし込みたいという気持ちはわかるけど、それはそれとして私はいつものフルタ丸を観たかったかな。8月に2人が退団して、残る4人でどんな作品を作り上げるのか期待している。


12. TOHO MUSICAL LAB. 「Happily Ever After」(Streaming+)
「今、出来る、精一杯」の根本宗子、清竜人、rikoが再集結して、今のミュージカル界を賑わせる生田絵梨花と海宝直人が歌うと聞いたら観るしかないっしょということで観てみました。素晴らしかったの一言。配信期間中にもう1回観てしまった。


13. TOHO MUSICAL LAB. 「CALL」(Streaming+)
私はニワカハロヲタをやっておりまして元アンジュルム田村芽実が出るとのことで観てみました。彼女はアイドル時代もミュージカル女優志望を公言しており着実に舞台経験を積んでいることからも今後の業界のキーパーソンになりそうな空気がありますね。個人的には歌わない演技も見たいところ。妃海風の歌声もたまらんかった。


14. 中島みゆき 「夜会」VOL.20 リトル・トーキョー 劇場版
一度は生で観てみたい夜会。映画館で観れるなら観ておきましょう。作品はいつも通りだったんですがMOVIXさいたまのドルビーシネマというスクリーンでの上映が酷すぎてつらかった。ドルビーシネマというくらいなので音響が通常のスクリーンよりすごいらしいんだけどそもそもドルビーシネマ用に作られた作品ではないせいなのかイコライジングがクソすぎて特に高音域がただの大音量の雑音でしかなく不快なレベルでつらかった。せっかくの作品が台無しだ。


15. 爆笑問題 with タイタンシネマライブ #66 (LV)
いつものやつ。


16. ニンジャバットマン ザ・ショー
公演中止。世間的にも各種公演の中止の流れはあったけど新宿シアターモリエールクラスター発生しちゃったらどうにもならんわな。


17. スターダンサーズ・バレエ団 バレエ「ドラゴンクエスト
最高すぎて最高でした。知らなかったんだけど95年初演から何十回も上演されている作品だとか。もっとはやく観とけばよかった。つーかバレエすごい。かっこいい。戦士(西原友衣菜)マジかっこいい。次回もあれば観に行こう。


18. 爆笑問題 with タイタンシネマライブ #67 (LV)
いつものやつ。


19. フリムンシスターズ
おもしろかったんだよ。おもしろかったんだけど、あれ?もしかしてこういうのちょっと受け付けないカラダになってきちゃったかな?と思ったのも事実。特に村杉蝉之介の使い方みたいなところに若干冷めてる自分がいて。うーん、大人計画の本公演ならまた違うのかなあ。


20. 爆笑問題 with タイタンシネマライブ #68 (LV)
いつものやつ。ゲストの友近おぎやはぎはさすがに別格でしたね。


21. M&Oplaysプロデュース「そして春になった」
岩松了の作品を松雪泰子ソニン瀧内公美片桐はいりの二組がそれぞれ演じる半朗読劇。どちらの組も観たかったんだけど松雪泰子ソニン組を観てみました。松雪泰子の少し鼻にかかった低音の声が好きなんですよ。今年観たなかでいちばんおもしろかった。椅子に座っての朗読劇ではなく多少の動きはあるものの、基本的には表情と話し方と声色で心情まで表現しなければならないわけで、ふたりともこれが素晴らしかった。男ならゾッとするし、女は女でゾットする、そんな「怖い」作品でした。


22. 多摩美術大学 演劇舞踊デザイン学科 第四期生 卒業制作 演劇公演 『□□□・ミーツ・□□□』(ナニカ・ミーツ・ナニカ)
第二期はめちゃくちゃおもしろかった。第三期は難解すぎた。どちらが本当の姿なのかを確認するために観てきました第四期。結論としては第二期と第三期の間って感じでしたね。多少わかりやすくなってたかな。そして歌モノに弱い私は最後のキャッチーな歌で「とりあえず良かったんじゃね」と思ってしまうチョロい人間です。翌日仕事納めの28日はその歌のサビが脳内ループしてました。まあ多摩美の卒業制作公演は美大だけあって舞台セットや衣装が物凄いのでそれを見るだけでもおもしろいし無料で配布されるパンフレットもガチなので次回第五期も観に行きますよ。



来年はちゃんと書こう。