ネットに影響される人の日記

ネットに影響される人の日記

影響されたり、観たり、聴いたり。

マヌエル・コジーニャ・ポルトゲーザ | マヌエル渋谷 | ポルトガル料理

www.hotpepper.jp

 

コロナ自粛ムードが高まり始めた頃の記事で気になっていた渋谷のポルトガル料理店「マヌエル・コジーニャ・ポルトゲーザ」に行ってみました。この日はシアターコクーンで舞台を観る予定があったのでちょうどいい機会だなと。ウェブで予約しようとしたら土日の予約は2名からだったので予約はできず。店に迷惑かけたくないのでランチタイムの切れ目を狙って直接行ったらそれでも空くのは1時間後(確約不可)とのことで近所のタリーズで伴名練の「少女禁区」を読みながら時間を潰して再訪したら席を確保しておいてくれたので無事入店できました。なお「少女禁区」はとても面白かった。土日のランチは2,000円のコースで、サラダ、スープ、選べるメイン、選べるデザートでした。平日はもう少しお手軽なランチセットがあるようです。

 

外観です。

f:id:htnmiki:20201102132603j:plain

 

サラダです。上の赤いやつはザワークラウトみたいなやつです。これ好き。

f:id:htnmiki:20201102132952j:plain

 

スープはじゃがいもとかぼちゃのポタージュです。うまい。

f:id:htnmiki:20201102133111j:plain

 

前菜4種です。

f:id:htnmiki:20201102134417j:plain

右上はバカリャウのコロッケです。記事にもあるようにバカリャウとは干し鱈だそうで、干し鱈のすり身入りのコロッケです。生臭さは無く、ちゃんとタラを感じます。かまぼこを食べ慣れている多くの日本人は違和感なく美味しくいただけると思います。右下はタコとたまねぎのマリネです。ポルトガルはヨーロッパでも珍しくタコ食文化があるようで、このマリネも美味しかったし、メインメニューにタコの雑炊なんてものもありました。左下はイベリコ豚のチョリソです。薄切り2枚だけですがわりと重いのでザワークラウト的なものが添えてあるのが大正解ですね。左上は砂肝とレバーのトマト煮です。レバーはどこ行った? という感じですが砂肝がめちゃくちゃ柔らかくて驚きの美味さワロタ。

 

メインは豚とアサリの炒め物アレンテージョ風です。洒落た店のメインディッシュは肉なんて数個程度かと思ってたら肉ゴロゴロ祭りでじゃがいももゴロゴロしていてボリューム満点でした。前菜の砂肝も柔らかかったけどこの豚肉も柔らかくてめちゃうまです。一見くどそうですがほんのり酸味の効いたアサリの出汁と白ワインのソースがまた美味いこと。パプリカで色付けされているとか。

f:id:htnmiki:20201102141327j:plain

 

サラダ、スープに付いてきたパンは食べ終わっていたのでもう1つもらって豚アサリバーガーを作りました。ソースもたっぷり染み込ませ食べたら美味すぎワロタ。

f:id:htnmiki:20201102141621j:plain

 

デザートはマヌエルさんの卵プリンにするつもりでしたがハロウィンということで期間限定のかぼちゃプリンでした。ベイクドチーズケーキくらいぎっしり固めでなかなか美味い。ただ、せっかくのポルトガル料理店だしもっとポルトガルっぽいものにしておけばよかったかなーとも。まあそれはまた今度。

f:id:htnmiki:20201102142003j:plain

 

というわけで全部美味かったし他にもメニューが豊富なので渋谷に用事があるときはまた行こうかな。

 

ごち。

 

で、このあとヒューマントラストシネマ渋谷に「VS狂犬」という映画を観に行ったら向かいのミヤシタパークの屋上庭園が密でした。

f:id:htnmiki:20201102142254j:plain

 

夜はシアターコクーンで「フリムンシスターズ」を。

f:id:htnmiki:20201102142511j:plain

 

10月31日の渋谷の夜ですが仮装してる人もほとんどおらず、そのぶん警察官と警察車両が目立っていて変な感じでした。謎の馬鹿騒ぎもアレだけど、こうなってしまうと懐かしさもありますね。